福利厚生の充実を図る|自販機をオフィスに設置|従業員の仕事疲れを癒やす

自販機をオフィスに設置|従業員の仕事疲れを癒やす

メンズ

福利厚生の充実を図る

缶

多くのメリットが生まれる

自分の会社に自販機が設置されていないと、うちの会社でも置いてくれないかと思っている方は多いはずです。ちょっとした息抜きが出来ると、業務中のストレスも軽減されて仕事に身が入りますし、急な来客時にはボタン一つでお茶を出すことも出来るので、多くの場面で役に立ちます。経営者側からすれば、会社の福利厚生を充実させる一環として、自販機の設置すると考えているかもしれませんが、実は現場において多くのメリットが生まれます。まず、自販機の設置をすると必然的に休憩スペースが生まれます。この休憩スペースがとても重要で、単なる息抜きの場ではなく、社員同士の貴重なコミュニケーションの場となっています。普段は接することのない他部署の人との付き合いも生まれます。また、外に飲み物を買いに行く時間が無くなり、業務の効率も良くなります。様々なメリットがあるため、自販機の設置はとても有効であります。

人気が高い紙コップ型

自販機を設置する場合、気になるのはランニングコストと、ゴミの処理ではないでしょうか。飲料の自販機は飲料のタイプごとに分けられ、缶・ペットボトル型、紙コップ型、紙パック型の3つに分類されます。この中で、オフィスでの設置に人気が高いのが紙コップ型です。主な特徴として、お茶やコーヒーを熱湯を注いで抽出するため、香りが高く出来立ての感じがとても良いです。コーヒーやお茶以外にも、スープの種類が豊富で、いろいろと選べるのも人気の理由となっています。そして、紙コップ型は適度に量が少ないため、飲み残しが減りますし、何よりも来客時に出すお茶の量として丁度よいため、営業マン等は重宝するはずです。自分の会社の人だけが使うものではなく、円滑にビジネスを進めるツールとしても一役買っています。